ここから本文

DIACERT-PLUSサービス(特定認定認証サービス)

利用方法に関するよくあるご質問

電子入札システムのご利用環境について

1 電子入札システムを使用するパソコンは他業務と兼用でかまわないですか。
電子入札、電子申請等の複数業務システムをご利用になる場合、各システムのブラウザ、Java実行環境(JRE)などの動作環境の要件を、1台のパソコンで同時に満たすことができない場合があります。各システムの動作環境の要件、当社サービスの動作環境の要件をご確認いただき、利用可能な動作環境ごとにパソコンをご用意いただくことをご検討ください。
2 複数台のパソコンでICカードを利用できますか。
弊社提供のソフトウェアを、電子入札で使用されるそれぞれのパソコンに設定していただければ、複数台のパソコンで電子入札をご利用いただけます。
ソフトウェアをインストールできるパソコンの台数に制限は設けておりません。また、同じICカードを使用する場合、パソコンごとに利用者登録を行う必要はありません。
3 電子入札に使用するパソコンを変更する場合はどうすればよいでしょうか。
下記のセットアップ手順書をご確認のうえ、変更後のパソコンに電子入札用ソフトウェアの設定を行ってください。
4 三菱電機インフォメーションネットワーク社指定以外のICカードリーダーは利用できますか。
申し訳ありませんが、当社指定のICカードリーダー以外では当社の電子入札用のソフトウェアをお使いいただくことはできません。弊社指定のICカードリーダーをご用意ください。
5 java.policyファイルとはどのようなものですか?
Java実行環境(JRE)の動作を制御する設定ファイルです。電子入札コアシステムではJavaアプレットを利用しているため、java.policyファイルに発注機関のURLと権限を追加する必要があります。java.policyファイルへの設定を行なわないと、その発注機関の電子入札をご利用できませんのでご注意ください。
6 LDAP通信とは何ですか。/LDAP通信が許可されていません。
動作環境の「LDAP通信について」をご確認ください。

セットアップ時のエラーについて

1 JRE(Java)のバージョンを変更する場合はどうすればよいでしょうか。
再セットアップ手順書に従って、当社提供のソフトウェアの再設定をお願いします。
2 Javaをアンインストールできません。
Javaの開発元であるOracle社のサポートページをご確認ください。
3 Javaポリシーを登録するときに「Error:0502(5) 想定外のファイルエラーが発生しました。」と表示されます。
パソコンを再起動したうえで[java.policyファイル設定ツール]を起動し、Javaポリシーが登録できるかどうかをお試しください。
パソコンを再起動しても症状が改善しない場合は、下記の手順に沿って[java.policyファイル設定ツール]を実行し、[Policy一覧ダウンロード]を実施した後に、ご利用になる発注機関のjava.policyを登録してください。
4 「ICカードリーダライタ設定ツール」を実行した際に、「接続されたICカードリーダライタの種類は、サポートされていません。(略)(Gemplus USB Key Smart Card Reader 0)」と表示されます。
下記の「ICカードリーダライタ情報登録ツール」を実行していただき、実行後に再度「ICカードリーダライタ設定ツール」の実行をお願いします。

電子入札システム接続時のエラーについて

1 電子入札システムの時刻表示がされません。
下記の手順に沿って設定のご確認をお願い致します。
2 [Java Update Needed]([Java Updateが必要])の画面が表示されます。
Java7(Update 10以降)における標準的な動作です。「Do not ask again(以下略)」にチェックを入れて、「Later」をクリックしてください。
3 [Java セキュリティ警告]の画面が表示されます。
「リスクを受け入れて、このアプリケーションを実行します。」にチェックを入れて、「実行」をクリックしてください。電子入札システムによっては同様の画面が複数回表示される場合がありますので、同じ操作を繰り返してください。
4 「セキュリティ設定によってブロックされたアプリケーション」というメッセージが表示されます。
電子入札においてサポートされていないバージョンのJavaがインストールされています。 再セットアップ手順書に従って、弊社提供のソフトウェアの再設定をお願いします。
サポートされているバージョンのJava(対象:Java7 Update15、Java7 Update 45)がインストールされている状態でこのメッセージが表示される場合には、Javaコントロール・パネルを開き、Javaのセキュリティ設定のレベルを「中」に変更してください。
5 電子入札システムに接続すると、java.comの「Free Java Download」のページが表示されます。
Internet Explorerの画面をすべて閉じ、電子入札システムへの接続をやり直してください。「Java Update Needed」のメッセージが表示された場合には、「Do not ask again 〜」のチェックボックスにチェックを入れて「Later」をクリックしてください。
下記の「Javaリダイレクション解除ツール」をクリックし、そのまま「実行」してください。
「Javaリダイレクション解除ツール」が実行エラーとなる場合には、「Free Java Download」のページから最新版のバージョンのJavaをインストールしたうえで再セットアップ手順を実施してください。

電子入札システムのPIN番号入力時のエラーについて

1 電子入札システムのPIN番号の入力後に「利用者登録されていません」といったエラーメッセージが表示されます。
利用者登録がお済みでない場合には、先に利用者登録の手続きを行ってください。利用者登録の状況を確認される場合は、入札に参加される発注機関にお問い合わせください。
※ログイン時にエラーが表示されない場合、弊社提供のソフトウェアは正しく設定されており、ICカードはご利用いただける状態となっております。
2 電子入札システムでPIN番号を入力した後に「APPLET-CRITICAL-********-03002」(末尾が03002のエラー)が表示されます。
PIN番号(PINコード)の入力誤りが考えられます。お手元のPIN番号通知書をご確認のうえ、PIN番号(PINコード)の入力をやり直してください。
ICカードやICカードリーダーの接触不良や設定不足が考えられます。ICカード/ICカードリーダーの動作確認をお願いします。
3 電子入札システムでPIN番号を入力した後に「APPLET-CRITICAL-********-19999」(末尾が19999のエラー)が表示されます。
java.policyが未設定、もしくは登録したjava.policyが最新でないことが考えられます。下記の手順に沿って[java.policyファイル設定ツール]を実行し、[Policy一覧ダウンロード]を実施した後に、ご利用になる発注機関のjava.policyを登録してください。
すでにご利用になる発注機関が登録されている場合、登録内容を削除のうえで[Policy一覧ダウンロード]を実行し、登録するjava.policyを最新の状態にしたうえで登録をやり直してください。
JavaとInternet Explorerのキャッシュを削除したうえで電子入札システムの接続をやり直してください。
4 電子入札システムでPIN番号を入力した後に「APPLET-CRITICAL-********-10048」(末尾が10048のエラー)が表示されます。
[インターネットオプション]>[プライバシー]の順に選択し、[ポップアップブロックを有効にする]のチェックを外したうえで、改めて電子入札システムに接続してください。個別のサイトごとに設定をされる場合は、入札に参加される発注機関まで設定方法をご確認ください。
5 電子入札システムのログイン後の操作方法がわかりません。
電子入札システムにログインした後の操作方法に関するお問い合わせは、入札に参加される発注機関までご確認ください。ログイン時にエラーが表示されない場合、当社提供のソフトウェアは正しく設定されており、ICカードはご利用いただける状態となっております。

ICカード/ICカードリーダーの使用について

1 ICカードリーダーのLEDが消えてしまい、電子入札システムにログインができません。
ICカードリーダに省電力モードの機能があり、ICカード/ICカードリーダーの接続後に一定時間が経過するとLEDが消灯します。
電子入札システムにログインできない場合は、ICカードリーダーのLEDが消えていることは別の原因が考えられます。症状や表示されるエラーメッセージに応じた対応をお願いします。詳しくは、下記のページをご確認ください。
2 ICカードが認識されません。
ICカードやICカードリーダーの接触不良や設定不足が考えられます。ICカード/ICカードリーダーの動作確認をお願いします。
3 ICカードがロックしてしまいました。
下記の手順でICカードがロックされているかどうかのご確認をお願いします。
ICカードがロックされている場合は、連続15回以上PINコード(PIN番号)の入力を誤られております。不正利用を防ぐため、ICカードのロックを解除することはできません。お手元のICカードはご使用いただけない状態となりますので、ロックされてしまったICカードの失効申請と、新規(継続)の申込を行なっていただくこととなります。
4 ICカードはPINコード(PIN番号)の入力を何回間違えるとロックされますか。
連続15回入力に誤りがあるとICカードがロックされ、解除することができない状態となります。ICカードのロック前に正しいPINコード(PIN番号)が入力されると、入力誤りの回数は0回にリセットされます。
5 PINコード(PIN番号)を紛失してしまいました。
PINコード(PIN番号)はお届けしたPINコード通知書(PIN番号通知書)の中にのみ記載されており、当社からは内容の確認ができない方式で印字と発送を行っておりますので、当社からはPINコードやPINコード(PIN番号)のご連絡や再発行を承ることができません。
弊社からは「PINコード通知書(PIN番号通知書)」を送付しておりまして、こちらの袋綴じ状の封筒の中にPIN番号(数字6桁)を記載をしております。今一度お手元をお探しください。
PINコード(PIN番号)を紛失された場合は、お手元のICカードをご使用いただくことはできません。お手元のICカードの失効申請と、ICカードの新規発行のお申し込みを行ってください。お客様によっては「記載内容変更割引サービス」をご利用いただけます。
6 PINコード(PIN番号)がICカードの封筒に含まれていません。
受取代理人を指定されている場合は、ICカードとPINコード通知書(PIN番号通知書)は別送となります。PINコード(PIN番号)はICカードの利用者(名義人)の住民票住所宛に簡易書留郵便で発送します。
ページトップへ