ここから本文

DIACERT-PLUSサービス(電子入札用電子証明書)

中央省庁

当社発行の電子証明書(ICカード)でご利用できる電子申請システムについてご案内いたします。

当社が提供する「電子入札コアシステム専用ライブラリ」を事前にセットアップする必要があります。

(※順不同)

各府省

申請機関ホームページ e-Gov電子申請システム
事前準備 (1) e-Govホームページの「e-Gov電子申請システムの利用準備をする」に従って、必要な設定をしてください。 (2) 「電子入札コアシステム専用ライブラリ」の「証明書登録ツール」を使用し、電子証明書をブラウザ(Internet Explorer)へ登録する必要があります。
備考 申請・届出等手続によってはDIACERTサービスの電子証明書が利用できない場合、または不要な場合があります。事前に、当該申請・届出等手続を所管する行政機関等にご確認をお願いします。

金融庁

申請機関ホームページ 金融庁電子開示システム(EDINET)
事前準備 (1) EDINETホームページの「書類提出用端末要件」に従って、必要な設定をしてください。 (2) 「電子入札コアシステム専用ライブラリ」の「証明書登録ツール」を使用し、電子証明書をブラウザ(Internet Explorer)へ登録する必要があります。
備考  

国税庁

申請機関ホームページ 国税電子申告・納税システム(e-Tax)
事前準備 (1) e-Taxホームページの「初期登録までの流れ」に従って、必要な設定をしてください。 (2) e-Taxが提供する「e-Taxソフト」を操作して「電子証明書の登録」を行う必要があります。
備考  

特許庁 独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)

申請機関ホームページ 特許庁への電子出願
事前準備 (1) 電子出願ソフトサポートサイトの「事前準備の流れ」に従って、必要な設定をしてください。
  • 事前準備の流れ
  • Ver[i2.39]以前の「インターネット出願ソフト」をお使いの場合は、事前に「インターネット出願ソフト」のアップグレードを行ってください。
(2) INPITが提供する「インターネット出願ソフト」を操作して「申請人利用登録」を行う必要があります。
備考 特許庁インターネット出願システム/PCT-ROインターネット出願システムでご利用いただけます。
手続き者が個人・弁理士・企業内個人の場合のみ利用が可能です。手続き者が法人または特許業務法人の場合は、法務省 電子認証登記所の発行する電子証明書が必要となりますので、当サービスの電子証明書を利用できません。

国土交通省

申請機関ホームページ 国土交通省契約システム(GECS)
事前準備 (1) 「電子入札コアシステム専用ライブラリ」の「java.policyファイル設定ツール」を使用し、「中央省庁」の「国土交通省(契約)」の登録を行ってください。
(2) 国土交通省契約システム(GECS)の「電子契約システム操作マニュアル1 利用者環境準備編」に従って、必要な設定をしてください。 ※ 「1.4.4 JRE8に関する設定」を行う必要はありません。「電子入札コアシステム専用ライブラリ」の「java.policyファイル設定ツール」で「国土交通省(契約)」の登録を行った場合、同時にJava例外サイトの設定が行われます。
備考  

総務省

申請機関ホームページ 総務省 電波利用 電子申請・届出システム
事前準備 (1) 総務省 電波利用 電子申請・届出システムホームページの「電子申請の準備」に従って、必要な設定をしてください。 (2)「電子入札コアシステム専用ライブラリ」の「証明書登録ツール」を使用し、電子証明書をブラウザ(Internet Explorer)へ登録する必要があります。
(3) 総務省 電波利用 電子申請・届出システムを操作し、「新規ユーザ登録」もしくは「証明書変更」を行う必要があります。
備考