ここから本文

DIACERT-PLUSサービス(電子入札用電子証明書)

中央省庁

当社発行の電子証明書(ICカード)でご利用できる発注機関についてご案内いたします。

(※順不同)

政府電子調達(GEPS)

下記のシステムは運用を休止し、政府電子調達(GEPS)に移行しました。関係府庁の電子入札に参加する場合は、政府電子調達(GEPS)内よりご利用いただけます。
  • 環境省 電子入札・開札システム
  • 外務省 電子入札・開札システム
  • 経済産業省 電子入札・開札システム
  • 厚生労働省 電子入札システム
  • 財務省 電子入札システム
  • 総務省 電子入札・開札システム
  • 内閣府 電子入札・開札システム
  • 法務省 電子入札システム
  • 裁判所 電子入札システム
発注機関ホームページ 政府電子調達(GEPS)
利用府省等
  • 内閣官房
  • 内閣法制局
  • 安全保障会議
  • 人事院
  • ▶国家公民倫理審査会

  • 内閣府
  • ▶宮内庁 ▶公正取引委員会 ▶個人情報保護委員会
    ▶国家公安委員会−警察庁 ▶金融庁 ▶消費者庁

  • 復興庁
  • 総務省
  • ▶公害等調整委員会 ▶消防庁

  • 法務省
  • ▶検察庁 ▶公安審査委員会 ▶公安調査庁

  • 外務省
  • 財務省
  • ▶国税庁

  • 文部科学省
  • ▶スポーツ庁 ▶文化庁

  • 厚生労働省
  • ▶中央労働員会

  • 農林水産省
  • ▶林野庁 ▶水産庁

  • 経済産業省
  • ▶資源エネルギー庁 ▶特許庁 ▶中央企業庁

  • 国土交通省
  • ▶観光庁 ▶気象庁 ▶運輸安全委員会 ▶海上保安庁

  • 環境省
  • ▶原子力規制委員会

  • 防衛省
  • 会計検査院
  • 国立国会図書館
  • 最高裁判所
方式 電子調達システム
事前準備 ※ GEPSのjava.policyは、電子入札コアシステム専用ライブラリの「java.policyファイル設定ツール」では設定することが出来ませんので、下記の手順で登録をお願いします。

1. 「java.policyファイル設定ツール(GEPS)」をクリックし、そのまま「実行」してください。
2.「セキュリティの警告」画面で「実行する」をクリックします。
3.「ユーザアカウント制御」の画面で「はい」をクリックします。
4. 登録確認画面で「OK」をクリックします。
5.「更新が終了しました」と表示されるので「OK」をクリックします。
6. 一度ブラウザを全て閉じます。(了)

登録済みjava.policyファイル
備考 個人事業主で政府電子調達(GEPS)をご利用になる場合、利用者住所が記載された電子証明書(ICカード)が必要になります。

文部科学省

発注機関ホームページ 文部科学省電子入札システム
方式 電子入札コアシステム
備考 対象案件によっては政府電子調達(GEPS)を利用する場合があります。

農林水産省

発注機関ホームページ 農林水産省電子入札システム
方式 電子入札コアシステム
備考 対象案件によっては政府電子調達(GEPS)を利用する場合があります。

国土交通省

発注機関ホームページ 国土交通省電子入札システム(e-BISCセンター)
方式 電子入札コアシステム
備考 対象案件によっては政府電子調達(GEPS)を利用する場合があります。

防衛省

発注機関ホームページ 防衛施設建設工事電子入札システム
方式 電子入札コアシステム
備考 対象案件によっては政府電子調達(GEPS)を利用する場合があります。
※ 防衛省 装備施設本部電子入札・開札システムには対応しておりません。