ここから本文

DIACERT-PLUSサービス(電子入札用電子証明書)

DIACERT-PLUSサービスとは

DIACERT-PLUSサービスとは「電子入札コアシステム用電子認証サービス」の後継サービスであり、新暗号技術新暗号技術とは、コンピュータ技術の進歩に対応して、今迄使用されてきた暗号技術(公開鍵暗号RSA1024及びハッシュ関数SHA-1)に対して、セキュリティ強度をより強化した暗号技術(公開鍵暗号RSA2048及びハッシュ関数SHA-2)のことです。に対応した電子証明書発行サービスです。

はじめに

特定認証業務認定取得マーク

DIACERT-PLUSサービスは、中央省庁や地方自治体などの公共発注機関に対する電子入札に使用するICカードタイプの電子証明書発行サービスです。

DIACERT-PLUS電子証明書を発行する電子認証局は、「電子署名及び認証業務に関する法律」(電子署名法)に基づく特定認証業務の認定を取得しています。

電子入札とは

公共機関が電子入札により調達する工事、物品、役務案件などに入札する場合、「電子入札コアシステム対応認証局」から発行された
電子証明書(ICカード)を取得すれば、その証明書で公共機関が実施するすべての電子入札に参加することが可能となります

メリット

電子入札利用によるメリット
  • 手続きの透明性の確保(情報公開)
  • 品質・競争性の向上(談合機会の減少)
  • コスト縮減(業者の移動コスト等)
  • 事務の迅速化
お客様メリット
  • 電子入札に行うための環境を準備することにより、参加条件を満たす入札案件に容易に参加できます。
  • 応札者は場所や時間の制約を最小限として入札を完了できます。

提供サービス内容

電子証明書(ICカード)発行

お申し込みいただいた電子証明書(ICカード)を当社にて発行し、郵送でお客様にお届けいたします。

※電子証明書(ICカード)を使用するためには当社指定のICカードリーダーが必要となります。

電子証明書(ICカード)をご利用いただけるシステム/サービス

「DIACERT-PLUSサービス」は、下記のシステムで利用可能な電子証明書(ICカード)を発行いたします。



DIACERT-PLUSサービスイメージ
ページトップへ